光コラボ比較の参考書~おすすめプロバイダが1分でわかる

top1


数年ほど前からよく耳にするようになった『光コラボ』。これは正確には光コラボレーションといい、今までのインターネットの形態を新しくしたサービスです。

従来まではインターネットをはじめようとする際に、NTTから光回線、そしてサービスは各社プロバイダで契約しなければならなかったのに対し、光コラボではその契約をプロバイダ1社の契約だけで済ませられるようになったもので、それに伴い料金的にも従来の契約と比較してお得になったものになります。

ここでは、そんな手軽かつお得な光コラボについて徹底解説し、よりお得に使うためのノウハウやおすすめ比較情報を掲載していきます。



光コラボとは

従来の光回線サービスよりお得になった『光コラボ』。では、そのお得になった秘密に関して、まずはしっかり知る事にしましょう。

まず、今までの光インターネット契約は、光回線はNTT、インターネットサービスはプロバイダと必ず2社での契約が必要でした。一方の光コラボではフレッツ光回線をプロバイダにNTTが卸すという形態をとっています。そしてそのプロバイダが利用者と光回線サービスについて直接契約するのです。

これによってプロバイダは独自のブランドとして自社サービスを提供することが可能になりました。大手の家電販売店に見られるように、同じ商品であっても小売店で価格が違うようにプロバイダは価格で勝負や、付加価値(サービス)で勝負など、それぞれの『ウリ』となる違いを出すことができるようになったのです。

プロバイダごとによって安価になったサービスも様々で比較検討する要因も多種多様です。また、ばらばらだったサービスの窓口も一本化。これが以前の光サービスと比較して、光コラボがお得になったといわれる仕組みになります。



転用に関して

top2


これから光回線サービスを受けようとする方には必須ともいえる光コラボ。

うちでは、すでに光回線のサービスを契約はしているけど、それはもう光コラボにできないの?こんな風に考えていらっしゃる方もおられるかもしれませんが、そんな方でも利用できる光コラボがあります。

それが『転用』です。

転用とは、現在お使いのNTTの光回線の契約から光コラボを展開しているプロバイダに契約を切り替えるものになります。実際の通信環境は以前のままなので、特別な工事もいらず、契約だけ切り替えるものなので、通信環境はそのままでお得な契約に切り替えられるのです。

NTTの回線契約の中には、途中解約の際に違約金がかかるものもありますが、転用の場合では、こういった違約金もかからないので安心して切り替える事ができます。ただし、転用前に使用していたプロバイダの中には途中解約による違約金が発生するもののございますので、このあたりは比較検討の際に注意が必要になります。

プロバイダの違約金は、通常、更新月以外での契約解除にかかってきます。下記に主なプロバイダの違約金に関する情報をまとめていますので、参考にしてみてください。


プロバイダ 違約金 最低利用期間
YahooBB 5,000円 24ヵ月間
OCN 5,000円 24ヵ月間
BIGLOBE 5,000円 24ヵ月間(長期割適用時)
@nifty ホーム:3,000円 マンション:なし ホーム:24ヵ月間 マンション:なし
So-net 3,000円 24ヵ月間(長期割適用時)
ASAHIネット 2,000円 12ヶ月間
BB.excite 4,000円 12ヶ月間
WAKWAK 6,000円 24ヵ月間
また、その他『転用』を行う際の注意点をまとめてみました。


以前と比較して月額料金が高くなる場合がある

基本的に転用すると料金はお得になる場合がほとんどですが、中には逆に高くなってしまうケースもあります。NTTフレッツ光のマンションタイプといった、世帯数が多い集合住宅で元々安いプランを使われている方などがこれに該当するケースが多いです。事前に料金比較などをされるのが良いでしょう。


工事費用がかかる場合がある

転用での乗り換えを行う場合は既存の光回線をそのまま使用する為、工事の必要はありませんが、利用環境によっては例外がでるケースがあります。それは配線方式の変更と速度変更が必要なケースです。

まず、配線方式の変更に伴うケースです。

旧NTTフレッツマンションタイプですと、部屋内で電話線を利用して光回線を引っ張るVDSL方式を採用しています。光コラボの場合は光配線方式といって、建物の共用部分から部屋内まで光ファイバーケーブルを利用して回線を引くためVDSL環境の場合は光ケーブルの引き込み工事が必要になるため費用が発生してしまいます。だいたい築15年以上前のマンション物件は比較的VDSL方式を採用しているケースがおおいです。

次に速度変更が必要なケースです。

こちらも以前の環境が旧NTTフレッツのBフレッツ(100Mbps)や、フレッツ光のハイスピードタイプ(200Mbps)をお使いの場合、光コラボでは1Gbpsへの速度変更が必要な為、工事費用が発生してしまいます。これから光コラボを導入する環境で工事必要なのか?その際に以前より割高にならないか事前に比較検討してみるとよいでしょう。


フレッツ光のポイントが無くなる

光コラボは、フレッツ光回線はそのままですが、契約をNTTから他社のプロバイダに切り替えるものになります。窓口を一本化できるという点は比較的便利といえるのですが、NTTを解約するわけですから、そうすることでフレッツ光の利用で貯まっていた会員専用のポイント(フレッツ光メンバーズクラブやCLUB NTT-West)が消えてしまいます。したがってポイントがかなり貯まっている場合はポイントを消化した上で、転用されるのが良いでしょう。



光コラボの評判を比較

従来までの光回線の質はそのままに、しかし、比較的料金はお得になるのが魅力の光コラボ。しかしながら、ネットでの口コミ比較を見ていくと、速度に関しての様々な口コミ比較が多く見られます。ここでは、その光コラボの口コミ評判を比較してみる事にしましょう。

最も多く見られる速度に関する口コミ比較ですが、圧倒的に『遅い』とうものが目立ちます。Softbank光では、速度が不安定で有線でも回線が落ちる場合があるといった声や、

ドコモ光ではyahooから転用したが、回線は同じなのに以前と比較して速度が半分に低下したという声、そしてOCN光では1Gbpsの回線なのに測定すると4メガしかでていないといった声も・・・。全般的に口コミ比較評判を見ていきますと圧倒的に速度が出ないという声が多かったようです。

この問題は、まず使用する環境によって比較した際に速度にばらつきが出てしまうという事で片付けられるのですが、そうだとした場合に一つだけ合点がいかないのは、転用したのに速度が落ちたというものです。

転用であれば基本的に以前まで使用していた光回線をそのまま使うわけですから、転用前と比較して速度が落ちたというのは不思議な話です。

これについては、あくまで仮説の域の話になりますが、2つの原因があげられます。一つはプロバイダが変わってしまったこと。プロバイダによってインターネット接続サービスの設備がどれほど整っているかはまちまちです。

仮に光コラボ契約以前に使用していたプロバイダA社があるとして、光コラボで新規にプロバイダB社に乗り換えたとします。B社のネット提供設備がA社ほど充実していなかったとしたら、混雑した状況に陥るとAB両社を比較した際、B社では圧倒的な速度低下が考えられます。

もう一つはモデムやルーターの違いです。光コラボでは回線は変わりませんが接続機器であるモデムとルーターは新しいプロバイダから提供されるものになります。もしかすると、この接続機器自体に優劣があるのかもしれません。

ただし、この2点に関しては使って比較してみないと分からないとしか言えないので、速度に関してはあまり期待せず、コストを下げていきたいという点だけを期待して光コラボを使われるのが良いかもしれません。



各プロバイダの速度を徹底比較

top3


では、ここで光コラボを展開しているプロバイダの速度に関してネットの比較サイトなどから口コミを集めてみましたので、徹底比較していきたいと思います。

といっても実際のところsoftbankはOCNと比較して速かった。BIGLOBEはso-netと比較して速かったといった口コミ比較なんてありませんし、そもそも速度に関する口コミ比較そのものが環境などに左右される為、鵜呑みにはできません。

そこで、参考になるのが『RBB SPEED AWARD 2015』です。

RBB SPEED AWARD 2015は株式会社イードが行っている通信速度を測定するWebサービスで、対象データ485万154件のうち1年間に測定したデータ(スマホやPC)を集計・比較し、部門ごとに実測値(下り速度)が速かったサービスを表彰するものになります。

ここの部門の一つに光コラボレーションもあり、そこの2015年度の発表がされていたので、下記に掲載いたします。

※スクロールできます
受賞 ISP 下り速度(Mbps) 上り速度(Mbps) 件数
最優秀賞 So-net光コラボレーション 230.05 230.07 2,918
優秀賞 DTI光 224.64 282.14 614
これを見る限りではso-netが速度の面では断トツのようです。信頼できる機関の比較調査発表なので、この結果は参考になるものと思われます。



おすすめの光コラボは?

結局光コラボを比較検討する際にはどこがいいのでしょうか?利用環境別によって比較したおすすめ光コラボをここで紹介したいと思います。


戸建て住宅なら大手であれば比較的どこでもOK

光コラボで一番問題視されていたのが通信速度に関してです。ネット上での口コミ比較を見ると様々な口コミ比較が書かれていますが、このほとんどはマンション対応であることが多いです。速度の低下の原因として考えられるのが、『プロバイダの設備の規模』『利用する環境』『接続機器』とおおまかにこの3つとなります。

そのうち戸建ての場合はこのうちの『利用する環境』というには、該当しにくいのです。これはマンションなどの集合住宅においてかかってきがちな要因といえます。また、大手のプロバイダを選ぶことで、『プロバイダの設備の規模』という懸念点も払しょくできるため、3つのうち2つの要因が消えるということになります。戸建てでの光コラボを検討するのであれば比較的大手のプロバイダであれば問題はないとうことになります。


マンションなどの集合住宅ならso-net

マンションといった集合住宅の場合『利用する環境』が速度低下の最大要因として懸念されてきます。この要因を払しょくするには実際に比較調査した結果が全てとなります。 そうなりますと、RBB SPEED AWARD 2015で表彰されているプロバイダでれば間違いはないでしょう。というわけで、マンションでの使用を想定するならSo-netがおすすめになるのです。


スマホの使用を想定するなら大手携帯キャリア

光コラボはプロバイダ以外の事業者も展開しています。その中でも注目するべきは携帯キャリアが展開している光コラボです。この場合、他社と比較した際に携帯キャリアは独自のメリットがあります。

それがスマホ料金から割引される『スマホ割』です。Docomo光であれば、月額500円~3,200円の割引。Softbank光ですと月額463円~1,852円の割引となるのです。スマホユーザーなら速度だけでなくこのあたりも比較検討のポイントといえるでしょう。




最近のコメント

    アーカイブ

    1. campaign_hikaricollabo1

      光コラボ比較コーナー

      キャンペーンで比較!光コラボ
    2. howto_choose1

      光コラボの選び方

      光コラボプロバイダの選び方~何を基準に選べばいいの?~
    3. sonet_hikari1

      おすすめ光コラボ

      auユーザーなら尚お得!!so-net光コラボ
    4. flets_vs_hikaricollabo1

      光コラボ比較コーナー

      フレッツ光と光コラボどちらがいいの?
    5. point1

      光コラボの選び方

      光コラボ比較方法のあれこれ
    PAGE TOP